顔ダニくんの美肌への道 ~泡立て実践編~

 


顔ダニくんA

ねぇ、泡たくさんで洗顔するのがいいっていうのは分かったけど…… 



顔ダニくんB

どうした? 



顔ダニくんA

石鹸を泡立てるのって意外と大変だよね……? 特に固形石鹸 



顔ダニくんB

あー、手で泡立ててるのか……? 



顔ダニくんA

え? 手で泡立てなきゃ何で泡立てるの? 泡だて器?



顔ダニくんB

いやいやいや💦 コツをつかんだり時間をかけたら、固形石鹸でも手でも泡立つけど、 泡立てネットを使うと、すぐに泡が作れるぞ 



顔ダニくんA

泡立てネット? 



顔ダニくんB

100均で売ってたり、洗顔料のおまけについてたりするぞ? 手に入りやすいし、買っても安い 


顔ダニくんA

おー



顔ダニくんB

この泡立てネットと石鹸をぬるま湯で濡らして……、ネットの中に石鹸を入れて……ゴシゴシゴシゴシ…… 



顔ダニくんA

おおー! すぐにこんなに泡が! 



顔ダニくんB

途中で水を『足さない』のがコツだぜ 



顔ダニくんA

なるほど…… 



顔ダニくんB

ちなみに、ちょっと泡の質は落ちるけど、とことんずぼらな人には……、この生ゴミの水切り用のネットの中に石鹸を入れて、と 



顔ダニくんA

え⁉ 生ゴミ⁉ 汚くない⁉ 



顔ダニくんB

いやいやいや、ちゃんと新品を使うよ! ……で、口を紐でくくって、水道の下に下げる 



顔ダニくんB

これならどんな面倒くさがりでも、きちんと泡をたてられるぜ! 小学校の時のレモン石鹸を思い出すな! 




顔ダニくんA

……レモン?石鹸?……小学校の時? ……こんなのあったっけ? 



顔ダニくんB

え⁉ もしかして今どきのコはコレ知らないのか⁉ 

手で泡立てるのが一番質の良い泡ができますが、テクニックと時間を必要とします。
泡立てネットは楽にたくさんの泡ができるので、活用していきましょう!
ぬるま湯で石鹸を濡らすのがポイントです。お湯(水)の量が多すぎると泡がへたってしまうので、泡立て作業の最中にお湯(水)を継ぎ足さないのがコツです。